2014年09月30日

韓国、専門外科医の90%が非専門医

整形大国として有名な韓国。


整形外科に従事する医師は約1万5000人ですが、その中で整形外科専門医の資格を取得した医師は1400人のみで、
実は90%が非専門医らしいのですショック!


特にツアーは危険ということです。

最近では中国からも整形ツアーはおおく出ており、
香港の「文匯報」は、『韓国で整形事故に遭った中国人は増えており、多くの中国人は「練習」対象となった。仲介業者が紹介した病院ではなく、歴史の長い病院を利用するほうが無難だ』と報道しています。


韓国の仲介業者の多くは暴力団が支配し、韓国病院に手術費引き下げを要求する一方で、「韓国一の医師」として、実際の手術費の5−10倍となる費用を受け取り、更に90%の紹介費を受け取る。大病院はそれを恐れ、従うしかないといいます。


叫び
これでは、自分で韓国語を話せないとかなり不安ではないでしょうかダウン


ちなみにブリジアンは中国のお客様を日本の医療機関に紹介していますが、このような事は聞いておりませんキラキラ



綺麗になるためにお金を多くかけ、仕上がった顔が以前よりも気にいらないなんて悲しいですよね。

是非とも整形はキラキラ慎重に
posted by Brisian at 17:11| Comment(0) | 日記

2014年09月05日

がん治療、今はコレ。"重粒子"

こんにちは!


皆さん、日本は言わずと知れた「がん」大国ですよね。


そうだからこそ、がん治療は日本が最先端をゆくのです!!


ご存知かもしれませんが、

「重粒子線がん治療」

は本当に期待できそうなんですよ。


なぜかというと、


理由@ 痛くない、熱くない、怖くない、残らないの4拍子

がん治療というとやはり、痛い・副作用のイメージがあると思いますが重粒子線がん治療は違います。痛みはないのです。



理由A 低侵襲医療

その他の放射線と異なり、正常組織への障害が最小限。それだけでなく、がん病巣には、ピンポイントでダメージを与えます。

下のグラフは、他の放射線との比較です。x線などは、がん病巣に届くまでにエネルギーは弱まってしまい、逆に正常組織に与えるダメージの方が大きいのです。

himac02_3.gif


理由B 適応となる疾患が多い



適応となっている疾患は、


脳/頭蓋底

頭頸部

肺・乳腺 

食道

肝臓 

膵臓 

腎臓 

大腸 

前立腺 

子宮 

骨 

軟部 

眼 

眼窩 

と種類が多く、その他の疾患もまた研究しているということで、将来的にはもっと増える予定のようです。



理由C 治療費


「重粒子線がん治療」は「先進医療」に該当する費用は300万弱。

高いですよね。

でも今のところ、同じ部位であると治るまで何度でも治療可能ということです。

他の先進治療であると、一回何百万してそれで効果がなければまた何百万。それが当たり前ですから、そう考えればこの治療は受けやすいのではないでしょうか。


これは、重粒子に国が支援していて、研究目的でも治療しているからでしょう。




それゆえに、実際、望んだ人が必ずしも治療を受けられるということでは、ありません。



しかしこれが一般的になると、がんの恐ろしがが少し薄れるのではないでしょうか??

posted by Brisian at 16:58| Comment(0) | 日記

2014年09月04日

『シンデレラ整形』日本に上陸予定は?

華奢なヒールを上手に履きこなす女性、


素敵です。

t02200228_0598062113054364567.png



しかし、、、



美しいバラにトゲあり


可憐なピンヒールに、激痛あり涙



アメリカでは、足の専門医 「Podiatrist足病医」 がいます。

彼らは、女性たちのヒールを履いた足をきれいに見せたい、痛む足の裏をどうにかしてほしいという悩みに答え、「シンデレラ整形」というものを編み出しました。






長すぎる指、バランスの悪い指は足の指先を切り落として短くします(逆につま先を長くしたり、まっすぐにしたりすることも可能)。
t02200166_0397030013054364566.png



また、ヒアルロン酸や脂肪を足裏に注入してクッション材にすることもできます。





ちなみに日本では、どちらも正規メニューとしてはありません。


足先は術後の治りが遅く、感染症も多いからですかね??




とても慎重ですGOOD


あ、もし日本で施術できるところがあれば教えてくださいハートA


おしまい
posted by Brisian at 09:22| Comment(0) | 日記